top of page

『認知症移動支援ボランティア育成講座報告書』

更新日:3月28日


認知症移動支援ボランティア育成講座報告書 

認知症の人と家族の会大阪府支部 /編 鈴木森夫、天田城介、麻生武、西川勝、元永正恵、

山本秀樹、小林貴代、久保田翠、神垣忠幸/著

B5判並製 160頁 非売品 2022 年3月31日 発行 



目次

はじめに

 —なぜ認知症移動支援ボランティアが必要なのか 神垣忠幸

I 基礎編—歴史と心がまえを学ぶ

 第 1 講 認知症の人と家族の会について 鈴木森夫

 第 2 講 認知症当事者の移動支援

  —障害者の移動支援との制度上の違いから見た課題 天田城介

 第 3 講 対談 認知症の人とのコミュニケーション

  —発達心理学と臨床哲学の視点から 麻生武&西川勝

当事者コラム1

 若年性認知症になった私の気づき 元永正恵

II 専門編—医学と介助の知識を学ぶ

 第 4 講 認知症の理解と対応の最前線 山本秀樹

 第 5 講 移動介助の基礎知識—認知と身体の側面から 小林貴代

当事者コラム2 目標は認知症バレエ団 1 期生 元永正恵

III 応用編—支援と社会のあり方を学ぶ

 第 6 講 人は役に立たないといけないのか?

     —重度知的障害者の支援から考える 久保田翠

おわりに

 —他者の訪いが窒息寸前の家族に新鮮な空気を届ける 神垣忠幸

最新記事

すべて表示

6/11(火) 対談イベント アサノタカオ×大阿久佳乃

シリーズ「作家と話す」特別企画 『小さな声の島』(サウダージ・ブックス)刊行記念 アサノタカオ×大阿久佳乃 シリーズ「作家と話す」の特別企画として、『小さな声の島』(サウダージ・ブックス)刊行記念トークイベントを開催します。本書は「旅と読書」をテーマにしたエッセイ集です。著者で編集者のアサノタカオさんと、文筆家の大阿久佳乃さんが対談します。ぜひご参加ください。 開催日時:2024年6月11日(火)

シリーズ〈ホモ・クーランスの本〉を創刊します

シリーズ〈ホモ・クーランスの本〉 刊行のことば 「ホモ・クーランス homo curans」は「治癒する人」という意味。 人間の本質を「治癒 cure」や「ケア care」の観点から名づけた表現です。 シリーズ〈ホモ・クーランスの本〉は、ケアの現場にいる人々や、そのかたわらにいる人々の声を届けます。当事者、支援者、関係者、研究者……。それぞれの現場から聞こえる問いを分かち合い、人と人がともに生きる

Comments


bottom of page